銀行からお金を借りる条件とカードローン

銀行からの融資は、厳しい審査を通らなければなりません。
しかしお金借りるのであれば、消費者金融から借りるよりも、金利も低いですから、より支払いを楽にさせるためにも、審査はパスしたいものです。
審査が厳しいといっても、無理という意味ではありません。
銀行からお金借りるのには、ある一定の条件があります。
日本国内に住んでいること、年齢制限もあって、20歳から60歳の年齢であること、また、保険会社の保証が受けられることも条件です。
収入の面でも、審査はあります。
正社員で勤務していること、収入が安定していることも必要です。
他社からの借り入れが多い場合、審査に通りにくくなることがあるため、他社からの借り入れが少ない段階での申し込みの方が有利です。
融資を受ける商品内容によっても、審査のハードルは変わってきます。
例えば融資も大口になってくると、審査も厳しくなるとともに、結果が出るまでにも時間がかかります。
なるべく早く融資を受けたいのであれば、審査があまり厳しくないであろう、金融商品を選択していくことも、ひとつの方法です。
そのひとつが、キャッシングではないでしょうか。
銀行のカードローンは、それほど厳しい規定がなく申し込みをすることができるので、口座を開設して、同時に申し込むこともあります。
年齢制限を満たし、収入があれば申し込めるキャッシングは、学生や主婦にも心強い味方です。
限度額はそれほど多くはないとしても、急ぎの時であれば助かる存在になります。


いろいろあるローンの中からりそな銀行でお金を借りる方法

急にお金が必要になったとき、お金借りる選択肢の一つとして銀行系クレジットがあります。
銀行系クレジットは、低金利で銀行ならではの安定感があることから、安心して借りられます。
中でもりそな銀行は、名前の通りりそな銀行のローンですから、低金利と安定性にはとても定評があります。
カードローンの種類は、プレミアムとクイックがあり、プレミアムは、年利が3.5%から12.475%になっています。
そして、パートやアルバイトの方向けのクイックカードローンは、一律12.475%の年率となっています。
りそな銀行がメインバンクという方は、特に複雑な審査というのはありませんが、ローンを申し込むのに専用口座を作る必要があります。
審査はごく一般的な項目で、勤務先や収入などを記入して提出して審査を待ちます。
申し込みから2日後に審査結果の連絡があり、口座に希望額が振り込まれます。
尚、借入を申し込むときには、毎月の支払額や何年で完済するかというプランも立てておく方が良いです。
例えば60万円を借りた場合、無理なく返済できる金額が2万円としたら、月々2万円の返済なら3年で完済できるといったような感じでイメージをします。
ちなみに返済は、ご自分の口座から毎月引き落としされるので、振り込む手間は省けます。
その他、お金を借りたいときの方法としてプライベートローンもありますが、こちらはネットで申し込み可能で審査も最短即日結果が出るというローンです。
お金を借りる方法はいろいろありますが、中でも自分にあったお金借りる方法が必ずありますから、しっかり見極めて申し込むことが大切です。

【参考サイト】:すぐお金を借りる!お金を借りたいときに借りられる銀行



Copyright© 消費者金融キャッシングなび All Rights Reserved.